格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

飲食店の注文タブレット化について【コラム】

https://3.bp.blogspot.com/-swZ71wjMAE8/XGjxvbZeGAI/AAAAAAABRbU/UrY2q58Xur0xbMHS0nZXh9_N_bGJnfG_QCLcBGAs/s800/computer_tablet1_blank.png

最近、飲食店に入ると注文にタブレットを使うようになってきた。しかし、これがとても便利であるとは言い難い。だと言うのに何故普及し始めたのか、いったいどんなメリット、デメリットがあるのか講釈を垂れていきたい。

 

メリット

■店員と話さずにすむ

https://1.bp.blogspot.com/-ahlT7Kd7-T0/XVjgJ3hrbFI/AAAAAAABUMw/MV4su85SnoAMYnSitR9DXVgNFuorpprwQCLcBGAs/s1600/kid_seikaku_uchiki_boy.png

人によっては店員とまともに話せないコミュ障シャイな人も居ないわけではない。そうでなくとも呼び鈴の無い店だと、大声を張り上げて店員を呼びつけないといけないタブレット端末で注文が可能であれば、そういった億劫な事を無視できる。

 

■人件費の削減、作業の単純化

https://4.bp.blogspot.com/-RK2dU_79UEk/Ws2ulOh_oFI/AAAAAAABLPY/tq7btKbJAKAdxAHJp3tULHQZ4B4skWQ7ACLcBGAs/s800/baito_karou_man.png

接客の応対時間が減るので、ホール要員を削減可能となる。ホールと厨房兼任の店員も、いちいち注文を取りに移動する手間が省けるので、作業工程が簡略化されるので、多少仕事が楽になる。

 

デメリット

タブレット自体の性能が低い

https://4.bp.blogspot.com/-tje9QcvUKAs/U00KOwterHI/AAAAAAAAfRA/Ety3M8a6fzE/s800/smartphone_wareta.png

注文用タブレットはたいてい性能が低い、何世代も前のipadのレストア品だったり、安価な泥タブだったりでとんでもなくもっさりしている。そのせいで注文時にもたついてしまう。

 

■アプリのUIが酷い

https://3.bp.blogspot.com/-G8t4htGXy8g/VXOUdjGtGhI/AAAAAAAAuLI/wU6gnpTOrYA/s800/smartphone_app.png

ろくに開発費が取れていないのか、アプリの作り込みが悪すぎる。注文時に何度も何度も確認画面が出てきたり、お米の大盛りなんかでも別途入力が必要だったりでとにかく手間がかかる。

これにプラスして前述の低スペが重なってページを以降する度に軽いフリーズが入る。こんな状態の端末で、ストレスを溜めないほうが無理というもの。

 

■細かな注文は結局口頭

https://2.bp.blogspot.com/-n6KlZgd7k-8/Wz7mjSiwINI/AAAAAAABNOg/02BEOzMDwrEce6dAhXegkWngCWvxg9yBACLcBGAs/s800/job_cafe_tenin_man.png

例えばラーメンでネギやもやしを抜いてもらうとする。しかし、タブレットのアプリにはそういった項目は無いので、店員を呼び出し、口頭で注文を頼む。しかし、口頭でそれを伝えたとしても、要望は聞いてくれるものの、結局アプリの方でも注文をしなければいけないので二度手間である。

 

■年配の方に考慮していない

https://1.bp.blogspot.com/-hO56ctdy-YE/UYtwvRJll2I/AAAAAAAARwQ/5gXfibGTw8U/s800/roujin_syokuji.png

お年寄りというか、50代以上の人になってくると、こういう機械に慣れていない人も多い。現に私の上司も操作を投げ出し、注文は全部任せられてしまった。これが年金ぐらしレベルの高齢者になってくると、さらに操作は難しいものになってくるだろう。

 

総評

店側としては人件費削減になるので大きなメリットはあるものの、そのしわ寄せが全部客側に来ている大手寿司チェーン店の電子パネルレベルのレスポンスと完成されたUIがあれば大幅に改善されるのだが、そこまでを求めるのはなかなか酷でもある。

これからも人件費削減の為に、このシステムは普及を続けていくだろう。せめて普及の進む中で、もう少しまともに使えるレベルになることを切に願う

 

HOME