格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

TESORO Gram SE Spectrum ゲーミングキーボード解説

f:id:GadegetMaso:20210108211238p:plain
パソコンのパーツからアウドドア用品など、幅広く扱っているオウルテック社のサブブランドの一つであるTESOROは、主にゲーミング向け製品を扱っています。知名度でいえばLogicoolやRazerに劣るものの、その分コスパが良くて性能の良い製品を取り扱っています。

今回はそんなTESOROから発売されているゲーミングキーボード、Gram SE Spectrumを紹介していきます。

基本スペック

データ
名称 GRAM SE Spectrum
メーカー TESORO
価格帯 約12000円
詳細
スイッチ カニカル(光学式)
配列 英語配列 108キー
マクロキー 専用なし
マルチメディア なし
キーキャップ 二色成形
LED RGB
アンチゴースト 最大10キー
ケーブル 編み込み(着脱式)
ソフトウェア あり
備考欄
付属品 キープラー 赤軸4つ
その他 1年保証 黒白二色
光学式メカニカルスイッチを採用

通常のメカニカルスイッチと違い、機械的接点を持たず光に反応してキー入力が行われるオプティカルスイッチを採用しています。これにより非常に高耐久かつ、メカニカルスイッチの気持ちの良い打鍵感を維持できます。

しかし、このモデルは青軸モデルしか販売しておらず、赤軸を使いたい場合は別途スイッチを購入し、交換する必要があります。

 

配列が英語配列のみ

もともと海外向けモデルなのか、日本語配列は存在しません。ゲーミング用途であれば英語配列のほうが有利な場面も多いのですが、通常時の使用だと慣れるまでは少々苦労することになるでしょう。

 

専用ソフトウェアあり

ゲーミングソフトウェアも用意されています。LEDの発光パターンやマクロやショートカットの設定が可能です。ただ有名メーカー製のモノと比べると、些か簡素だなといった感想を抱かされます。

 

 

着脱式ケーブル

編み込みタイプの着脱式ケーブルを採用しています。いざ断線した場合の交換が可能です。また使わないから仕舞うといった場合でも、まとめやすくて便利です。

 

二色のカラーバリエーション

f:id:GadegetMaso:20210108211306p:plain

ホワイトバージョンも存在しています。ただこちらは数が少ないのかブラックバージョンよりも少々高めの価格です。

 

総評

良い点
  • 光学メカニカルで高耐久
  • 二色のカラーバリエーション
  • ケーブル着脱可能
  • 安めの価格
悪い点

ゲーミング向けのメカニカルキーボードとしてはかなり安めの価格帯です。基本的に黒色しかないものがない界隈の中で、ホワイトカラーも用意されているのも好印象です。また、この価格帯でありながら、光学式スイッチを採用している点も見逃せないポイントでしょう。

しかし、青軸モデル、英語配列しか存在しない不親切な点があるし、価格的に妥当とはいえ専用のキーが存在しない点は少しネックです。兎にも角にも英語配列しかない点だけ受け入れる事が可能であれば、このゲーミングキーボードは非常に魅力的な製品だと思います。

 

HOME