格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

Windowsの無料ミュージックプレイヤーソフトのおすすめ三選

f:id:GadegetMaso:20210108215335j:plain

Windowsパソコンで音楽を再生する場合、様々な選択肢があります。初期から入っているものでも。Windows Media PlayerとGrooveの2つもあります。しかし、これら2つは正直あまり性能が良くないです。重いし音質的にも微妙という評価が多いです。

この記事では、無料で使えておすすめできる、優秀な音楽再生ソフトを紹介していきます。

おすすめの三選

AIMP

DSD再生✕ カスタマイズ◎ 使いやすさ◎

扱いやすさと音質、カスタマイズ性能をかねそろえた最有力候補のソフトです。

ASIOWASAPIといった、排他モードでの音楽再生機能も備えているし、イコライザやプレイリスト管理などの便利機能も搭載されています。

最大の特徴はスキン変更機能により、幅広いUIに対応しているところです。公式フォーラムはもちろん、検索をかければ結構なサイトがスキンを取り扱っているので、自分の好きな見た目に変更して使えます。

ハイレゾ音源も当然対応していますが、DSD音源だけはPMC音源に変換しての再生になってしまうのが難点です。

AIMP

 

補足

DSD音源とはハイレゾ音源の中でも特殊な音源で、そのままの状態で再生できるソフトは限られるとだけ覚えておけば大丈夫。

 

 

TuneBrowser

DSD再生◎ カスタマイズ◯ 使いやすさ◯

まるでiTunesの用に音楽ファイルを管理、再生できるソフトです。むしろ軽いし機能的にもこちらの方が扱いやすいです。

音楽を再生する際に、再生ボタンを押さなければいけないという独特の癖こそありますが、設定を変更すればそのままDSDをネイティブ再生できるなど、総合的な完成度は今回紹介する中で1位です。

ただし、無料で管理できる曲数は500曲までで、それを超える数を管理したい場合は、有料ライセンスを購入する必要があります。それ以外は無料版と一切機能の違いはないですが、2800円という価格を考えると二の足を踏む人もいると思います。

TuneBrowser

 

foobar2000

DSD再生◯ カスタマイズ◎ 使いやすさ△

無料でDSD再生が可能で、かつ機能にロックもかけられていない音楽再生ソフトとなると、このfoobar2000が一番です。

大量に存在するプラグインによるカスタマイズで、DSD再生も可能になります。しかし、そのプラグインを導入するという手間や、DSD再生もプラグイン任せ、しかも日本語化も外部ソフトによるしそれでも完全な翻訳ではないなど、初心者バイバイ要素が多すぎます。

一度カスタムが完了すれば、軽快な動作も相まって問題なく使ってはいけるますが……

foobar2000

 

まとめ

DSD音源を持っていないのであればAIMPをおすすめします。もしDSD音源を持っているのであれば、頑張ってfoobar2000を導入するか、曲数を絞ってTuneBrowserを利用するのが最適解でしょう。無料版が気に入ったなら、有料版を買っても良いでしょう。

 

iFi-Audio ZEN DAC
DSD音源の再生も可能な据え置きUSBDAC。多分楽天で買ったほうがお得。
 

 

 

HOME