格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

キャリアスマホの多くがデチューンされてるって知ってるか?

f:id:GadegetMaso:20211228113028j:plain

auDocomoSoftbank。通称悪の3キャリアですが、最近は格安プランを出したりと多少はマシな用に見えます。ただ結局はこの格安プランも子会社運営なので実はキャリア自体がやっているわけでもないし、相変わらず汚い手を講じています。

 

その汚い手の中でも特に悪質なのが、スマホに関してのデチューンです。ようは本来のスマホのスペックからわざと引き下げているので。にも関わらず値段はだいたいSIMフリー版と同じかそれ以上に上がっているという始末です。

 

今回はそんなキャリアスマホのデチューンについて記事にしていきます。

キャリアスマホのデチューン

SIMロック

これは一応2021年10月1日以降のスマホについては原則撤廃されているデチューンです。ようはキャリアスマホをそのキャリアのSIMでしか使用できなくするという方法です。この日付以降もたまにSIMロックガーなんて言っている人も見かけるので、こっそりキャリアはまでやってるかもしれませんね。

 

キャリアにいえば解除することも可能ですが、わりと面倒な条件があったり手数料がかかったりして、ろくでもない機能ということはわかるでしょう。キャリア側は防犯絡みでつけたと言い張っていますが、どう考えても他社に移った際に使えなくする為の口実ですね。

 

Band自体を削る

スマホには対応Bandというものがあり、SIMとスマホの対応バンドが一致していないと、データ通信がうまく行かないです。

で、キャリアスマホSIMロックだけでなく、対応Bandも他社の部分は削ることで、使えなくしている場合があります。本来日本のSIMカードであればどれでも使用可能な幅広いBand帯をカーバーしていたスマホを、自社のBand帯以外すべて削り取ってしまうのです。

 

せっかくSIMロックを解除したのに、このスマホは結局使えないのかと落胆する事例もそこそこ見かけます。

 

 

SIMカードをシングルスロットに変えてしまう

SIMフリースマホにはデュアルSIMスロットを採用しているものが多いです。

SIMカードを2つ挿せるようにすることで、電話代が安い会社とデータ通信が安い会社を組み合わせて、一社と契約するより安く済ませる手法のための機能です。

あとは仕事とプライベートをわける為にこの機能を使っているひともいるでしょう。

 

しかし、キャリアはそんなことは許しません。「他の会社のSIMなんて使うんじゃねぇ!!」とばかりにシングルスロットに改悪してしまうのです。キャリアで販売されてリほぼすべてのスマートフォンは、デュアルSIMからシンプルSIMに仕様変更されてしまっています。

 

eSIM対応スマホに関しても、物理SIMかeSIMのどちらかしか使えないようにするという徹底ぶりです。

 

ソフトウェア面も改悪

ハードウェア面の機能以外にも、ソフトウェア面での改悪も目立ちます。

まず消せないプリインストールアプリが多数存在していること。SIMフリー版であれば入っていないような、日常では使いもしないようなアプリがてんこ盛りだったりします。

ROM容量を食うし更新で無駄に立ち上がるしで鬱陶しいから消そうとしても、このアプリはアンインストールも停止もできない事が多いです。ほんとろくでもない。

 

さらに入っているアプリだけでなく、UIやOSそのものにも余計な改変が加えられていて、誤爆しやすい操作でキャリアアプリが開いてしまったり、SIMフリー版であればOSのアップデートが続いているのに、キャリア版はセキュリティアップデートすら中々こなかったりで最悪と言えるでしょう。

 

まとめ

キャリアスマホというのはSIMフリー版を知っている人からすれば、ろくでもない仕様ばかりになっています。少なくとも、日本でSIMフリー版が購入できるのであれば、そっちを購入した方が絶対いいです。

 

しかし、キャリアは他にもキャリア専売とかで、SIMフリー版は国内で正規購入できなくしたりと悪質なこともしています。本当に迷惑なので、総務省にはこのあたりも厳しく取り締まってほしいですね。

 

なおキャリア入りした楽天モバイルですが、ここは楽天アプリが入っていること、起動時に楽天モバイルのロゴが映るくらいしか変更点はないです。SIMロックも掛かっていないので、実質SIMフリースマホのまま販売しているので良心的ですね。

 

OPPO Reno5 A
ミドルの価格帯でこの性能は流石にすごい。
 

 

HOME