格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

TWS買うならこれを買っておけ

f:id:GadegetMaso:20210516102925j:plain

いまや多種多様に完全ワイヤレスイヤホンは存在しており、非常に安いものも多く購入しやすい時代になっています。

ただ、下手にAmazonなんかで無名メーカー品を買ってしまうと、保証も酷いしモノも酷いという安物買いの銭失いになりかねません。

 

この記事では、これを購入しておけばまあ安牌だろうなというものをいくらかピックアップしていきます。

 

完全ワイヤレスイヤホンの選択肢

とにかく安いものが欲しい人はダイソーがおすすめ

TWSにお金をかけたくない、イヤホンはとにかく聴くことさえできれば音質は酷くても構わない。そんなイヤホンとしての最低限の機能しか求めていない人にはダイソー1000円の完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

 

ダイソー製品の中では1000円という高価な位置づけではありますが、TWSで1000円というのがいかに低価格であるか言うまでもないでしょう。初期不良を引いても店舗に持っていけば交換してもらえる筈です。

人気製品なのか田舎の小さなダイソーにも置いてあったので、入手性は悪くないと思います。

 

次点では3coinsのTWSですが、こちらは種類こそ豊富ですが1500円なので、ダイソーよりちょっとだけ高いです。

500円の差は正直見られないので、ダイソーが近くになくて3coinsはあるという、なかなかレアな境遇の人くらいしか買う必要性はないでしょう。

 

ある程度の音質も確保したければAnkerがおすすめ

なるべく安くすませたいけど、ある程度音楽も楽しみたい。そんな欲張りな方にはAnker製のTWSがおすすめです。

だいたい5000円から15000円くらいまで幅広く扱っているAnkerですが、廉価版製品でもその音質は元気の良い音で、オーディオオタク以外であれば満足できる程度には良い音に仕上がっています。

 

もしANCなどの特殊な機能を欲しているにしても、10000円超えのTWSなら、Anker製品にも対応しているものはそれなりに存在しているので、それを選んで買えば良いでしょう。

 

本体の品質も高く、保証も手厚いので、低価格では王道を往く製品だと言えるでしょう。

 

Anker Soundcore Life P2
低価格帯完全ワイヤレスイヤホンの中でトップクラスの製品
 

 

次点でSoundPEATSの製品もおすすめできます。品質面では若干Ankerにお取りますが、手厚い保障もあるし、種類も豊富でAnkerより安いTWSも購入できます。

 

 

SoundPEATS sonic
驚異の15時間再生を可能として完成度の高いTWS
 

 

全部乗せを求めるなら大手メーカーを買え

音質もANCも低遅延モードも、すべてに置いて妥協は許されないという人は、黙って有名メーカーの最新高級モデルを買えば良いでしょう。2021年のモデルであればSONYWF-1000XM4が高い評価を得ています。

 

もちろん値段は高いです。しかしその分すべての面で妥協のない素晴らしい製品です。

 

SONY WF-1000XM4
2021年発売のSONYフラグシップモデルTWS。超高性能で評判も良い。
 

 

他メーカー製品を買うのも良いですが、評判や発売日はしっかりとリサーチした方がよいです。新製品でも微妙なものだったり、値段はフラグシップモデルだけ旧式化していて微妙な点が多い、なんてTWSもそれなりに見られます。

 

まとめ

いろいろ選択肢も増えてきているので迷う事も多いTWSですが、間違いないと断言できるのは怪しげな中華製品は買うなということです。

商品タイトルに自社ブランド名すら乗せられないような製品は、たいていろくでもない製品なので、買う価値は一切ありません。

 

 

低価格で買える! おすすめできるDAP3選!

f:id:GadegetMaso:20210402182957j:plain

皆さんはポタオデを楽しむ際、イヤホンやヘッドホンを何につないでいるでしょうか。多くの人はスマホに繋いで運用していると思います。

しかし、最近は中華イヤホンがインフレ的に高品質低価格なものを出してきたこともあり、スマートフォンでは駆動力不足で本来の音を鳴らせないなんて事もでてきました。

今回の記事では、比較的安価に購入可能な初心者におすすめのデジタルオーディオプレーヤーを紹介していきます。

 

選考基準について

価格帯は最大で6万円以下

まずは低価格を謳っているので、価格帯は最大でも6万円を切る程度としています。6万円は低価格ではないという意見もあるでしょうが、デジタルオーディオプレーヤーのハイエンドは、それこそiPhone12 proが霞むほどの効果なモデルも多いので、6万円以下というのは割とリーズナブルな価格帯です。

また、あくまで最大でなので、もっと安いDAPも紹介するのでご安心ください。

 

バランス出力に対応している

中華イヤホンにはリケーブル可能なものが多く、ケーブルも安く購入可能なので、バランス出力を試してみたくなる人も多いと思います。

しかし、これで再生するにはデジタルオーディオプレーヤー側も対応している必要があります。アンバランス接続に限れば、もっと安い機種も多いのですが、今回はいつかバランス出力を試したくなることも考慮して、それが可能な機種を選択肢ました。

 

おすすめのDAP3選

Cayin N3Pro
Cayin N3Pro
 

このDAPの特徴はなんと言っても真空管を搭載していることです。この真空管が作用するのは一般的な3.5mmのアンバランス、シングルエンド出力に限ります。

それでも真空管サウンドが6万円以下で聞けるというのは他にない、面白いDAPです。モード切替で音質をがらりと変える機能も搭載されていて、一粒で2つ以上美味しい製品です。

また、4.4mmのバランス出力もかなりパワフルでウォークマンのZX300のおよそ8倍もあります。これだけの駆動力があれば、ヘッドホンでも鳴らしきれないといった事態は起きにくいでしょう。

ただし、このDAPは残念ながら、今流行りのAndroid DAPではありません。一応Wi-Fiには対応しているのでストリーミング再生も可能ですが、泥DAP程の利便性はないので注意が必要です。

 

iBasso Audio DX160 ver.2020
iBasso Audio DX160 ver.2020
 

なんと4万円以下という非常にリーズナブルな価格で、4.4mmのバランス出力に対応しているという素晴らしいDAPです。駆動力も高く、たいていのイヤホンであれば鳴らし切ることが可能です。

Android DAPなので利便性も高く、ストリーミング再生もしやすい方だと思います。また、これはメーカーの保証対応外ですが、非公式のMango OSを導入する事により、有線接続の音質をさらに向上させることが可能です。

ただし、処理能力が低く、Wi-FiBluetoothの無線周りの接続強度が弱く、さらにバッテリー持ちもそこまで良い方ではないという弱点も存在します。

価格的には低価格で、初心者にもぜんぜんおすすめ可能ですが、明確な弱点や改造手段が存在している分、上級者向けでもあるという面白いDAPです。

 

SHANLING M3X
SHANLING M3X
 

こちらも4万円以下、ちょっとDX160よりも安いくらいで購入できるDAPです。

DX160と比べるとコストパフォーマンスが更に良好になっています。機能的にも4.4mmのバランス接続対応、Android OSにも対応していて、実に扱いやすい製品になっています。積んでいるSoC的にも、DX160よりは処理能力が高いです。

音質的な面でも上位モデルのM6 proと同じDACチップを搭載しており、流石にまったく同じ音質とはいえませんが、それでも非常に素晴らしい音質です。

DX160と比べると、Mango OSのような改造手段が無い点で劣りますが、それ以外では実にしっかりとした作りになっていて、今初心者におすすめするならこちらかなという印象が強いです。

 

まとめ

  • 真空管で自前の音源を楽しむならCayin N3Pro
  • Mango OSを導入し有線で音楽を楽しむならiBasso DX160
  • 初心者向けならSHANLING M3X

やはり一番おすすめなのはSHANLING M3Xです。とにかく手堅くまとまっているし、何気に見た目も一番拘っているようなかっこいい印象を感じます。価格も一番安いですし、まず初心者はこれを買うのが最適でしょう。

 

 

Neutron Music Playerを導入してみた感想

f:id:GadegetMaso:20210718200852j:plain

皆さんはスマホで音楽を聴く際に、どんなアプリを使用していますか?

スマホの音楽再生アプリは非常に数多く存在していて、音質を求めたものや、利便性を求めたものなど、用途的な部分も違ってきます。

私はオーディオを齧っている人間なので、音質を重視したアプリを使用しています。今回は有料アプリであるNeutron Music Playerについて、使ってみた感想を記して生きます。

続きを読む
HOME