格安ガジェットブログ

格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

オーディオ

final B3 高い汎用性を誇る高級モデルのBAイヤホン

私が個人的に推しているオーディオブランドのfinal。やはり推しているからには一つくらいは高級機も購入しておこうかなと思った次第です。 今回紹介するのはfinalが開発した非常に高い汎用性をもったイヤホン、B3になります。

オーディオテクニカ ATH-SQ1TW 有名オーディオメーカーのエントリーTWS

オーディオテクニカは老舗オーディオブランドであり、これまでも多くの製品を販売してきました。完全ワイヤレスイヤホンも意欲的に取り組んで制作しているようで、販売されている製品は概ね好評です。 今回紹介するTWS、ATH-SQ1TWはオーディオテクニカ製のエ…

AVIOT TE-D01m マイルドANCを搭載した長時間再生可能な完全ワイヤレスイヤホン

AVIOTは近年名を上げ始めた完全ワイヤレスイヤホンのブランドの一つです。国産メーカーでありながら、比較的安価で高性能なTWSを多数生産していて、アーティスト監修のコラボモデルも多く開発しています。 今回紹介するTE-D01mは、最新のQualcomm製の廉価版…

安物MMCXケーブルには罠があった

多くのリケーブル可能なイヤホンの場合、使っている規格はMMCXというタイプです。2ピンタイプの様に折れる危険性がないのがメリットなのですが、実は一つデメリットを抱えていました。 今回は、そのデメリットとともに、何故安物は駄目だったかについて解説…

イヤホンを購入する上で調べるべき事

イヤホンを購入する際に、なにか調べることはあるでしょうか。店で見かけて気軽に買えるような価格帯であれば、特に何も考えずに購入できるでしょうが、1万円を越えてくるならば少々考える事はあると思います。しかし調べると感度とか周波数とか、よくわか…

エージングの効果に対するオーディオメーカーの意見

エージングに関しては様々な意見が飛び交っておち、否定派と肯定派が日夜不毛な争いを繰り広げています。ただ、波形をくりだしたりうんちくを語ったりして、論破した気分になっている人が多くとも、それらを言っているのは所詮プロではなく素人ばかりです。 …

BLON BL-03 中華イヤホンながら正統派

中華イヤホンはマルチドライバの製品が多い。これは確かにそのとおりで、Amazonで販売されている製品でも、中華イヤホンであれば格安で片側に2つ以上のドライバを搭載している事が多いです。 しかし、中華イヤホンでもシングルドライバで戦う製品もそれなり…

final E1000 国産廉価版イヤホンの底力を見せる

国産メーカーとしてオーディオ好きなら誰もが知っているであろうfinal。20万円近くする高級モデルから、2000円前後のエントリーモデルまで幅広く手掛けるこのメーカーですが、エントリーモデルだからといって決して手を抜いたりはしません。 今回紹介…

有線イヤホンをBluetooth化してみた話

リケーブル可能な有線イヤホンは、ケーブルを変更して楽しむ事が可能です。その仕組を利用して、Bluetoothモジュールに繋ぐことで、無線化することも可能になります。 今回は実際に無線化してみた方法と感想について記載していきたいと思います。

KZ ZSX ドンシャリ型イヤホンの一つの完成形かもしれない

中華イヤホンといえばKZ。KZといえばドンシャリイヤホンというのは、このメーカーを知っている人ならばわりと納得行く共通認識です。ただ、一口にドンシャリイヤホンといっても種類や傾向に違いは大きいです 今回紹介するKZ ZSXは、ドンシャリイヤホンの一つ…

HUAWEI FreeBuds 3i スマホだけじゃない!完全ワイヤレスイヤホンでも高水準!

米国の陰謀で高水準なスマートフォンを開発して居ながら、窓際に追いやられたHUAWEIですが、スマホ以外にも様々なものを開発しています。その中でもTWSはなかなか高い評価を受けており、高性能でありながら価格も抑えめになっています。 今回紹介していくFre…

Mobvoi TicPods ANC 一万円以下で高級機並の強さのアクティブノイズキャンセリング機能を持った完全ワイヤレスイヤホン

Mobvoiという会社を知っているでしょうか。この会社は中華企業ですが、Googleが出資しているほどに期待されている企業であり、スマートウォッチの分野では日本のグッドデザイン賞を受賞するなど、実績のある企業です。 ここはスマートウォッチだけでなく、ス…

古いスマホをDAPとして活用できるのか

皆さんはスマホを機種変した際、古いスマホをどうしていますか? 今はカエトクプログラムのようなものもあり、古い機種を下取りにだしたり、あるいはメルカリに流してしまうような事もあると思います。 しかし、あまり金にならないから持っておこうと、引き…

ELECOM ARMA GAMING HEADSET マイク音質に自信アリなゲーミングイヤホン

昨今のELECOMはゲーミング分野に力を入れているようで、質実剛健で使い勝手のよいデバイスを多数送り出しています。 ゲーミングイヤホンという分野はその中でもヘッドセットに役目を奪われがちですが、疲れにくく長時間のゲームに適しているということで、Ra…

NICEHCK DB3 エージングで化ける有線イヤホン

中華イヤホンというとKZ系列が有名ですが、別にそれ以外に存在しないわけではありません。他中華メーカーも安くてリケーブル可能なハイブリッドドライバイヤホンを製造しています。 NICEHCK DB3は、そんな他の中華イヤホンメーカーが作り出した意欲作の一つ…

final E4000 美麗系国産イヤホンの高級モデル

皆さんはfinalというメーカーを知っていますか。ここは国産メーカーで、2000円で買えるエントリーモデルから、十万円を超える超ハイエンドモデルのイヤホンまで幅広く扱っているメーカーです。 新興の中華メーカーのように、たくさんドライバを積んでい…

iBasso Audio DX160 ver.2020 エントリー帯でも音質の良いDAP

良いイヤホンを鳴らすのであれば、良い再生機器が必要になります。ですのであまり高いDAPは使ってこなかったのですが、イヤホンのレビューも多くしているのに、バランス接続のできないDAPしかもってないのは問題あるかなとも思っていました。 そんな時にTwit…

JVC Gumy グミホン 可愛らしいイントラコンカ型の有線イヤホン

最近のイヤホンの主流はカナル型で、イントラコンカ(インナーイヤー)型のイヤホンは、有線無線問わず種類が少ないです。私も今でこそカナル型に慣れましたが、初めてイヤホンを運用し始めたときは、耳の中にイヤホンを突っ込むという異物感が嫌いでした。で…

CCA C10 高解像度でバランス型の有線イヤホン

CCAはKZの姉妹ブランドというべき存在です。KZと同じく、マルチドライバでコストパフォーマンスの高いイヤホンを多数販売しています。基本的にドンシャリ色の強いKZとは対照的に、CCAのイヤホンはバランスの良い音質の物が多いです。 今回紹介していくCCA C1…

アルペックス HSE-A2000 エントリーながらクリアで軽快な有線イヤホン

当ブログでは中華の多ドライバイヤホンを多く紹介していますが。だからといって国産イヤホンが駄目というわけではありません。国産イヤホンはマルチドライバは高級機が多いですが、エントリーのドライバ一発製品は繊細な音づくりをしていることが多いです。 …

SoundPEATS Truefree 2 低価格帯Truefreeシリーズの後継機

比較的低価格の完全ワイヤレスイヤホンを多数生み出してきたSoundPEATS。その製品の中でもTrueFreeシリーズは特にお安く。気軽に変えて使い勝手の良い製品でした。 今回紹介するTWSは、SoundPEATS TrueFree 2。低価格帯の新定番となるべく開発された新製品で…

オーディオに関するオカルトに関しての意見

オーディオ分野に少し足を突っ込んでみると、ハイレゾ、エージング、リケーブルという言葉が耳に入ってくると思います。これらのワードは、結構賛否両論であり、人によっては何の効果もないただのオカルトだと言われることもあります。 今回はこの3大オカル…

Mpow X3 ANC アクティブノイズキャンセリングで搭載でここまで安価

ANC搭載のTWSは、基本的にハイエンドモデルばかりです。技術的にコストがかかるものであったので、そこは仕方のないものでした。 しかし、2020年中期頃からANCを安価に搭載できる程に技術進化が進み、遂には1万円前後のエントリーミドルの価格帯で提供…

Anker Soundcore Strike 3 低価格ながらバランスの良いゲーミングヘッドセット

オーディオ業界でもそこそこ知名度を獲得し始めたAnkerのサブブランド、Soundcore。このブランドも自分たちが低音に強い事を自覚したのか、ゲーミングデバイスの製造をはじめました。 今回紹介するのはAnker Soundcore Strike 3。5000円を切る低価格なが…

100円均一で揃える! イヤホン保管方法!

皆さんはイヤホンをしまう際、どのようにしまっていますか? 適当に結んで箱や引き出しにしまっておく、なんて人も多いでしょう。 それでもよほどのことがなければ問題ないですが、ちょっとした簡単な工夫でイヤホンを労りつつ、小分けする事が可能になりま…

KZ AS06 King Gnuの「白日」MVで使用されていた有線イヤホン

これまで紹介してきたKZのイヤホンは、どれもドンシャリ系のモノでした。これはそもそもKZが、その系統のイヤホンを多く販売してきたからなのですが、実はKZにもバランスを重視した美麗系のイヤホンも存在しています。 今回紹介するKZ AS06は、King GnuがMV…

KZ ZSN ProX 低音マシマシのゴリラ系イヤホン

KZというメーカーが多くのイヤホンを出していますが、基本的にはドンシャリ系の物が多いです。今回紹介していくKZ ZSN ProXも、ご多分に漏れずドンシャリ系ですが、かなり低音に力をいれたゴリラ系と称されるイヤホンになります。

JPRiDE TWS-X 結構な高コスパな完全ワイヤレスイヤホン

数多くの商品が氾濫状態にある格安TWS業界ですが、当然玉石混交で良いものも悪いものも存在しています。そんな中から良いものをピックアップするのは結構大変です。 今回紹介するJPRiDE TWS-Xは、アンチが多い印象もありますが、もの自体は決して悪くないメ…

本格的なエージングを実践してみた

オーディオ関係に興味があれば、誰でも一度はエージングという言葉を耳にしたことがあると思います。 エージングとは、ある特定の音を流し続け、オーディオ機器の音質を向上させるという方法です。 諸説あって嘘っぱちという方も居ますが、別段そこまでお金…

約5000円で買える! おすすめ廉価版完全ワイヤレスイヤホン三選!

完全ワイヤレスイヤホンは高いものならば2万円以上しますが、廉価版の安いモデルであれば5000円程度で購入することが可能です。しかし、そういった安物はハズレな製品も多く存在しており、適当に選んで購入してしまうと後悔することになるでしょう。今…

HOME