格安ガジェットブログ

月水金の隔日更新!ガジェットの紹介、コラムを書いてます。

Logicool G G610 ゲーミングキーボード Cherryスイッチ採用【一万円以下】

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51pt-oNJ7zL._AC_SL1024_.jpg

Logicoolは自社製のメカニカルスイッチを使ったキーボードを作ることが多いですが、中にはCherry製のスイッチを使ったゲーミングキーボードも存在しています。今回紹介するキーボードはG610。単色発光ながらメディアコントロールキーも兼ね揃えたコスパの高いキーボードです。

製品特徴

Cherry製のスイッチを採用

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61uwEIB0XUL._AC_SL1024_.jpg

 

Logicoolにしては珍しく、Cherry製スイッチを採用しています。安定した品質と性能に、ブランド力を兼ね揃えた良品です。

青、赤、茶軸が存在しますが、安いのは青軸のものだけなのが困ったところです。茶軸も1万2千円ほどで高くはないのですが、青軸の安さの前にはどうしてもかすみます。

あと赤軸はあまり在庫が存在しないのか、ネットショップではあまり見かけません。

Nキーロールオーバーも当然対応しているので、同時押しもばっちりです。

 

キーキャップは二色成形

二色成形キーキャップを採用しています。印字ハゲを気にしなくても大丈夫という点は評価があがります。カナ印字も消してあるので、アルファベットキーがごちゃごちゃしておらずスタイリッシュです。

また、Cherry製のスイッチなので、他社のキーキャップと互換性が高く交換が可能です。

 

LEDライティング機能

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61q%2BvsmuuzL._AC_SL1024_.jpg

単色発光なのでRGBをビカビカ光らせたい方には向きませんが、上品で落ち着いたデザインです。一見するとゲーミングキーボードには見えないほどで、赤軸モデルであればオフィス用途にも向いていると思います。

また、単色発光と入っても一部のキーだけ光らせたりなど、そういった変更は当然対応しています。

 

専用ソフトウェア対応

ロジクールゲーミングソフトウェアに対応しているので、使い勝手はかなり高いです。マクロを組んだりショートカットを適用したりと、自分の用途に合わせて操作性を向上できます。

なお、GHUBだとハードウェアの方に設定を保存できないし、バグも多いです。旧式のソフトですがロジクールゲーミングソフトウェアを使用しましょう。

 

メディアコントロール可能

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/sota/66dcca8c-87f9-4a12-b846-708c8c8c7c2c._CR0,0,300,300_PT0_SX300__.jpg

キーボードから音量などの調整が可能なので、ゲーム中でもそのまま操作ができるようになります。地味な機能ではありますが、とても便利です。なによりこの安さでメカニカルスイッチかつメディアコントロールも搭載しているのは中々ありません。非常にコスパが高いです。

 

質感が非常に上品

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/sota/79ba031d-5e68-4a61-8dd8-4741753f1328._CR0,0,300,300_PT0_SX300__.jpg

指紋の目立たないつや消しブロックボディ。編み込み式のケーブルなど、安いからと言って見た目で手を抜いている部分も見られません。高さ調整も三段階可能と、とても充実しています。単色LEDなのも相まって、高級感を感じさせます。

 

総評

 

Logicoolの製品らしく、高い水準で纏まったコスパの高い製品です。キースイッチもCherry製なので互換性も高く、キーキャップを交換して遊ぶことも可能です。また、フルサイズキーボードではありますが、コンパクトにまとめられたデザインなので、無駄に机を占有することもありません。

安価でここまでの機能をもったキーボードなのでコスパ最強の製品です。